「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」作詞・作曲者を紹介

Disney
びのこ
びのこ

東京ディズニーシーの人気ナイトショーの作詞・作曲したのは誰?

東京ディズニーシーで、2022年11月11日にスタートしたナイトショー「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」

MISIAさんが歌手を担当されることになったことでも話題になりました

そんな人気ショーの作詞・作曲を担当されたライター達を紹介します

スポンサーリンク

曲名:Every Wish Deserves a Dream

「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」で流れている曲のタイトルは「エヴリ・ウィッシュ・ディザーヴ・ア・ドリーム(Every Wish Deserves a Dream)」はショーのために書き下ろされたオリジナルのテーマソングです

ショーの名前
➡「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」
曲の名前
➡「エヴリ・ウィッシュ・ディザーヴ・ア・ドリーム(Every Wish Deserves a Dream)」

MISIAさんは、日本語版の歌詞と歌手を担当されましたが、作曲と英語の歌詞は4人のシンガーソングライターによって手掛けられたものです

作詞作曲
Emily Bear, Toby Gad, Lindy Robbins, Ruth-Anne Cunningham
日本語歌詞
MISIA

ではお一人ずつ紹介していきます!

エミリー・ベアー(Emily Bear)

アメリカ、イリノイ州出身のシンガーソングライター。
2歳でピアノを弾きはじめ、3歳で作曲、5歳で初レコーディングを体験し、6歳の時には全米作曲家協会取材の“モートン・グールド・ヤング・コンポーザー・アワード”を受賞した天才です!

現在21 歳の彼女は、グラミー賞やエミー賞を受賞し、作曲家、プロデューサー、編曲家、ピアニスト、シンガーソングライターなどマルチに活躍しています。2022年ロサンゼルス・エリア・エミー賞を受賞し、まだまだ今後の活躍に目が離せません!

以下、ディズニーに関わる経歴

● 夢を追いかける若い女性の特集で、14歳の時にディズニー・チャンネルの番組に出演。ピアノ演奏を披露(2016年)
● 『美女と野獣』のサウンドトラックのライブ・コンサート特集の一部に出演し、1948年のディズニー映画『メロディー・タイム』よりBumble Boogieを生演奏(2018年5月)
● ウォルト・ディズニー・ワールドの50周年を祝うために書かれた祝曲「ザ・マジック・イズ・コーリング」をオーケストレーションおよび指揮(2021年)

ディズニーチャンネルだけでなく、パーク内のイベントで指揮者を務めるなど、こまでに数々の経験をされています
ショーに関する作詞、作曲は初めてのようです

Instagramにウォルト・ディズニー・ワールドの50周年で指揮者をした時の投稿がありました

トビー・ガッド(Toby Gad)

ロサンゼルスを拠点とするドイツ出身のの音楽プロデューサー兼ソングライター

2014 年の第 3 四半期に、ビルボードによってライアン テダーとファレル ウィリアムスに次ぐアメリカのソングライター第 3 位にランクされた実力者です

以下、ディズニーに関わる経歴

● ディズニーの人気ホームコメディドラマ「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ2」(2007)
● ディズニー・チャンネル・オリジナル映画「キャンプ・ロック」「キャンプ・ロック2」

以下、具体的な曲のタイトル
Ordinary Girl (Hannah Montana)
One In a Million (Hannah Montana)
Que Sera (Hannah Montana)
Are You Ready (Hannah Montana)
Just a Girl (Hannah Montana)

Hasta La Vista (from Camp Rock)
Too Cool (from Camp Rock)
Tear It Down (from Camp Rock2)
It’s On (from Camp Rock2)

日本人だと
●倖田來未さんの「LOADED」(2014)の作詞作曲
●土屋アンナさんの「BluE Moon」(2006)「Serenade」(2008)
などの作品を担当されています

特に「BluE Moon」はカバー曲のようで、ハンナ・モンタナのOneinamillion雰囲気の近く、しっとりとした柔らかい曲調です

リンディ・ロビンス(Lindy Robbins)

ロサンゼルス出身のアメリカのソングライター
数々の有名なアーティストたちに楽曲提供をしています

以下、ディズニーに関わる経歴

● ディズニーチャンネルのオリジナルムービー「チーター・ガールズ」の代表曲「Cinderella」(2003)
● ディズニー映画「レモネード・マウス」より「Don’t Ya Wish U Were Us?」「Somebody」(2011)

ルース・アン・カニンガム(Ruth-Anne Cunningham)

アイルランドのシンガーソングライター
米国の歌手ジョジョが歌った「 Too Little Too Late 」や、ワン・ダイレクションが歌った「Where Do Broken Hearts Go」など数々の代表曲があります

ディズニーとの経歴は見かけなかったので、今回が初かもしれません!

Every Wish Deserves a Dreamを聞きたい方はこちらから↓
本リンクはプロモーションが含まれています

まとめ

年齢も性別も出身地もバラバラな4人のアーティストたちによって作られた曲「Every Wish Deserves a Dream」
東京ディズニーシーの夜に幻想的な魔法をかけてくれる素敵な曲ですよね
MISIAさんの歌声も相まって感動的な空間が演出されるので、何回でも観たくなってしまいます

参考
https://www.emilybear.com/
https://www.tobygad.com/
https://www.lindyrobbins.com/
https://www.instagram.com/thisisruthanne/
https://www.rrstar.com/story/entertainment/local/2016/08/27/rockford-s-emily-bear-to/25519278007/
https://attractionsmagazine.com/the-magic-is-calling-anthem-revealed-walt-disney-worlds-50th-anniversary
https://shoutoutla.com/meet-toby-gad-songwriter-producer-film-maker/


コメント

タイトルとURLをコピーしました